鏡開きと餅のいただきかた

鏡開きでしたね。毎年、鏡餅を下げて、焼いて、ぜんざいにして食べています。鏡餅って、切り分けたらいけないんですって。どうにかして割らないといけないみたいです。でも、結構厚みがありますよね。あれをどうやって割るんだろう、と思います。

記憶をたどれば、濡れ布巾にくるんで、金づちでガンガンやってた気がします。何かすごい音がしていたなあ、と思い出しました。うちは毎年、プラスチックの鏡餅の中に、最初から切ってある切り餅が入ったものを買っています。
苦労して割る必要もないし、ひとつひとつ、密封してありますので、カビの心配もありませんね。昔は、餅のカビは食べても大丈夫、と言われていましたが、後で聞いたら、とんでもない話で、表面をけずっても、もう中までカビの根っこが入っているので、食べられないのだそうです。

それに、鏡餅を切り分けたり、割ったりしたら、結構量があって、食べきれないって事ないですか?切り餅の入っている鏡餅は、最初見た時は、うわっ、少ない!と思いますが、いざぜんざいに入れたりしたら、ちょうどいい量になるものです。結構、自分で考えているほど、食べられないものですよね。

昔は、食べきれずにあまった餅を、祖母が茹でた芋と一緒について、芋餅を作ってくれたものでした。砂糖を混ぜたきな粉にまぶして、食べた芋餅は、とても美味しかったです。油で揚げて、揚げ餅を作ってくれた事もありました。今、それを思い出して、自分でも出きるか、と作ってみたら、何か失敗しました。

何が悪かったかなあ、と思いながら、「俺は、芋と餅、別々でよかったのに」と、家族にぶつぶつ言われながら、食べています。思ったより自分が不器用だったのが、結構ショックだったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です